あびこ市民活動ステーションのホームページです。 あびこ市民活動ステーションは市民活動や市民事業を行っている方やこれから始めようとしている方を支援するための施設です。

MENU

子ども応援団事業

  • HOME »
  • 子ども応援団事業

子ども応援団事業2
「ティーンズ・トーク2019 ~あびこを変える! ぼくらのウキウキ」

若い世代はボランティアという言葉は「あま
り好きじゃない」といいます。

やらされ感がある? 奉仕や自己犠牲のイ
メージがある? バイトの方がまし?

でも、我孫子にはイベントやまちづくり、様
々な活動に子どもの頃から関わっている若者
がいます。

彼(女)達から、そのおもしろさや魅力、や
りがいについて聞き、我孫子の未来を描いて
みませんか。

■日時 3月23日(土) 13:30~16:00
■会場 けやきプラザ9階ホール
    (我孫子南近隣センター)
■定員 50名
■パネリスト 我孫子でボランティアをしている学生
■参加費 無料
■主催  あびこ市民活動ネットワーク・あびこ市民活動ステーション
■問合せ・申込先:あびこ市民活動ステーション
         TEL&FAX 04-7165-4370
         メール abikosks@themis.ocn.ne.jp

(終了)悠々ホルンさんと生きづらさをかかえた子どもを応援します

1月13日、悠々ホルンさんをお迎えしての、
子ども応援団事業1は、大盛況に終わりまし
た。

悠々ホルンさん(子どものSOSソングライター)
の歌は、伝えたいのに伝わらない子ども達の
苦しみや悲しみを、当事者の目線からリアル
に伝えてくれました。「ひきこもりは、怠け
ているわけではない」「その期間は、当人に
とって必要な時間、そのことを多くの人達に
理解してほしい」というホルンさんの言葉が
深く心に残りました。

ご自身の経験を、他の人の役に立つならば、
ということで大決断をしてお話くださった
ゆうさんとだいすけさん、その勇気に感謝し
ます。参加者から「このような体験談が聞け
るとは、奇跡のような時間だった、救われ
た」と感動の言葉が寄せられました。先の見
えないトンネルが続いても、必ず光を見つけ
ることができると信じられました。

子どものSOSは、社会の様々なところで発信
されているはずです。私達は見過ごしにせず
に、受け止めていきたい、そんな応援団を我
孫子で増やしていきたいと思います。

 実施日時 1月13日(日)10時~12時
 実施場所 我孫子市民プラザホール
 参加人数 120名
 主  催 あびこ市民活動ステーション
      あびこ市民活動ネットワーク

悠々ホルンさんと生きづらさをかかえた子どもを応援します

引きこもりの子どもが、全国に50万人以上い
るといわれる今、私たちは、当事者の生の声
を聞くことからはじめます。

今回、子どものSOSソングライター悠々ホルン
さんをお迎えして、悠々ホルンさんの歌と
トーク、参加者を交えての意見交換を行い
ます。

引きこもりの当事者、そのご家族、子どもを
応援したい方の参加をお待ちしています。

 日時 2019年1月13日(日) 10:00-12:00(9:45受付開始)
 場所 我孫子市民プラザホール
    (あびこショッピングプラザ3階)
 対象 生きづらさを抱える本人、家族、
    支援者、支援機関
 定員 50名
 費用 無料(事前申込み制、当日参加歓迎)

 主催 あびこ市民活動ネットワーク
    あびこ市民活動ステーション

 問合 04-7165-4370

 

TEL 04-7165-4370 休館日を除く(9:00~17:00)

PAGETOP