移動子育て交流スペース「cafeネスト」があなたの街に出張します

2021年4月からの新企画。移動子育て交流スペース「cafeネスト」が、湖北、新木、布佐エリアを巡回します。主な対象は、未就園児のママ、パパです。子どものこと、自分のことを気軽におしゃべりできる場所。開催場所は、カフェや公共施設などを予定しています。初回は湖北です。コロナ対策に留意し、少人数で開催します。

第1回 開催概要

日時/4月27日(火)10時30分~12時
場所/カフェと雑貨のウイング(我孫子市中峠1270-1、JR成田線湖北駅)
定員/親子5組
費用/300円

申込・お問い合わせ先/市民活動ステーション 
電話7165-4370
E-mail abikosks@themis.ocn.ne.jp

※申し込み期間は、4月16日(金)~24日(土)まで。

名まえの由来

ネスト(nest)とは、巣、安心できる住まいの意味。巣ごもり生活を余儀なくされているコロナ禍で、「安心できる場」でありたいとの願いを込めて名付けました。

開催への想い

あびこ市民活動ステーションでコーディネーターをしている片岡です。あびこ市民活動ステーションは我孫子駅南口徒歩1分、けやきプラザ10階に位置し、手賀沼はもちろんのこと、晴れた日には富士山も見える素晴らしい眺望です。ぜひ我孫子駅周辺にお住まいの方以外にも来ていただきたいですが、乳幼児の子育て真っ最中に、電車やバス、車でわざわざ来るのはしんどいのが現実。それならば私たちが皆さんのお住いの地域に出張しちゃいましょう!ということで、移動式子育て交流スペースを開催することになりました。

コロナ禍で人が集まる機会が失われる中、日中お子さんと2人きりの時間が多いママ、パパの気楽なしゃべり場をつくりたい、と思います。

私自身、子どもが0歳の頃、日中家にいて、子どもをあやしながらも「誰かとしゃべりたいなあ」と近所のスーパーマーケットのレジ担当の女性と話すことが楽しみな日々がありました。保育園、幼稚園に入園するまでのこの時期に、同じ月齢の子が集まる集いに行っても、自分の話ができないジレンマに陥りました。そんな経験から市民活動を始め、今にいたります。

現在、娘は小学1年生。2歳半のイヤイヤ期の写真を今見ると、なんて可愛かったんだろう、と思いますが、その時は必死でした。そんな時、自分を癒してくれたのは、同じように子育てに奔走するママとの会話でした。

時に悩みを共有し、共感し合うことで、1日誰とも話さなかった……という日が1日でも減りますように。保育園、幼稚園入園前に地域に話せる人がいるだけでどんなに救われるか、子どものことだけでなく、自分のことを話す時間も大切。それをよく知っているコーディネーターがお待ちしています。

関連記事

お問い合わせ04-7165-4370開館時間 9:00~21:00
※17:00以降は利用予約が入っている場合のみ開館
※17時以降のご予約は2日前の17:00迄

ページ上部へ戻る
PAGE TOP