SKSメールマガジン第42号 2021年1月7日発行

************************************************

目   次

1.市民活動ステーションからのおしらせ

2.市民活動ステーションの主催事業

3.ニュースレターに関する情報

4.市民活動支援課からのお知らせ

5.登録団体からの情報

6.その他のイベント情報

************************************************

1.市民活動ステーションからのおしらせ
◇お問い合わせは市民活動ステーションへ
▲ 1月の施設利用について ▲

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

年末・年始でコロナ禍が治まるかと期待していました
が、再度の緊急事態宣言発令を踏まえて行動せねば
ならないようです。
皆様、お体にくれぐれもお気をつけください。

公共施設の運営制限等については、まだ市から連絡
・指示はありません。もし変更があるようでしたら
メールマガジン臨時号およびホームページでお知らせ
します。

2.市民活動ステーションの主催事業
◇お問い合わせ・お申し込みはステーションへ

◎シニアのためのZoomカフェ2
日常の中でZoomを使う機会を増やすために、
Zoomカフェを行います。
楽しい内容を提供しますので、お茶を片手に
ご自宅から気軽にご参加ください。

■日 時 1月27日(水)13:30~14:30
■場 所 自宅からZoomで参加
■内 容 Webコミュニティで生涯学習
(大人がずっと学び続けられるWeb
サイトをご紹介します)
■講 師 桑田 律子さん
(ABICOM代表)
■定 員 先着20人(Zoomで参加できる方)
■参加費 無料

3.ニュースレターに関する情報
◇お問い合わせはステーションへ

◎『まち活マガジン』NO.16を発行しました
子どもの学びの場づくりをしているcafeスコラの
小林さんへのインタビュー、連載コラム
「あびこのおいしいみーつけた」「越岡禮子と行く、
我孫子の小さな旅」を掲載しています。

◎『まち活掲示板』1月号を発行しました
市民活動ステーションの主催事業・施設関係の
お知らせ、登録団体イベント情報を掲載しています。

『まち活マガジン』『まち活掲示板』ともに、
市民活動ステーションの窓口や公共施設に置いて
いますので、ぜひお手に取ってください。

イベント情報掲載を希望する団体は、毎月10日が
締め切りです。メール、ファックス、窓口などで
お受けします。

また、オンライン版はこちらからご覧ください。

4.市民活動支援課からのお知らせ
◎市民公益活動支援指針改訂案についての説明会
を行います

我孫子市の市民活動に関する支援の方向性を定め
た「我孫子市市民公益活動支援指針」の改訂を3
月に予定しています。

1月18日(月)~2月17日(水)までパブリック
コメントを実施し市民の皆様に改訂案について
広く意見を募集します。

そこで、改訂案についての説明会を1月27日(水)
にオンラインで実施しますのでご興味のある方は
ぜひご参加下さい。

■日 時 1月27日(水)10:00~11:30
■場 所 Zoomにて開催
■内 容 市民公益活動支援指針改訂案について
の説明
■主 催 我孫子市市民活動支援課
■申込先 abk_shiminkatsudou@city.abiko.chiba.jp
メールにて、市民活動支援課までお申し
込みください。
参加者にミーティングID、パスコードを
お送りします。

5.登録団体からの情報
◇お問い合わせ・申込みは各団体へ

==NPO法人ACOBA==
休眠預金事業における実行団体の募集

一般財団法人日本民間公益活動連機構(JANPIA)により
NPO法人ACOBAが資金分配団体に採択されました。

ACOBAでは、コロナ禍で深刻化する社会課題を支援する
公益団体に対して、以下の分野の事業を募集します。

(1)日常生活や成長に困難を抱える子どもと若者の育成支援
(2)地域の働く場作りの支援
(3)安心・安全に暮らせるコミュニティづくりへの支援解決
を目指す事業

■募集団体 千葉県内で活動する団体、5団体(予定)
■助成額  1団体あたり上限600万~下限300万円
■受付期間 令和2年12月25日(金)~
令和3年1月20日(水)17:00
■問い合わせ先
Email:acoba.kyumin@leaf.ocn.ne.jp
04-7181-9701(平日9:00~17:00)
担当:関本、吉崎、大和、東川、田中、影山

6.その他のイベント情報
◇お問い合わせ・申込みは主催者へ

==内閣府主催 令和2年度高齢社会フォーラムin東京==
「改めて考えよう、ウイズコロナを踏まえた高齢社会の未来像」

高齢者や基礎疾患のある方では重症化するリスクが高いことも
報告されているコロナ禍において、高齢者はどういったことに
気を付けて日常生活あるいは社会参加をすればよいかを示して
いきます。

■日 時  ライブ 1月18日(月)13:00~16:30
録画  1月19日(火)~2月11日(木)
■視聴方法 オンライン配信
パソコン、スマホ、タブレットで視聴可能
■内 容
基調講演 藤原佳典氏(東京都健康長寿医療センター研究室)
「3つのSで乗り越えよう!ウイズコロナ時代のシニアの社会活動」

第1分科会 コロナが分断した人間関係を、人間の力が紡ぎ直す。
老いて「健康とは何か」を第一線の専門家と語る作戦会議
コーディネーター:樋口恵子氏(東京家政大学名誉教授)

第2分科会 世界と一緒に考えよう! コロナと高齢者の暮らし
コーディネーター:松田智生氏(三菱総合研究所主席研究員)

第3分科会 コロナ禍も紡いできた地域のつながりを途絶えさせない
ために
コーディネーター:澤岡詩野氏(ダイヤ高齢社会研究財団主任研究員)

■詳細は以下のサイトから
高齢社会フォーラムin東京 事務局

———————————————
[休館日情報]
1月25日(月)

次号は、2月7日発行予定です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●

あびこ市民活動ステーション

〒270-1151 我孫子市本町3-1-2
けやきプラザ10階

電話・ファックス 04-7165-4370

メール abikosks@themis.ocn.ne.jp

指定管理者 ㈱東京ドームファシリティーズ

●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●

関連記事

お問い合わせ04-7165-4370開館時間 9:00~21:00
※17:00以降は利用予約が入っている場合のみ開館
※17時以降のご予約は2日前の17:00迄

ページ上部へ戻る
PAGE TOP